鉄は・・・・

炭素鋼は炭素工具鋼より炭素量が低めで、不純成分の規制も緩やかになっており、ある程度の強度と粘り強さを必要とするような一般的な用途に適しています。

 

炭素量の低いものは、生材の加工性は良くなりますが焼入れのムラが生じやすいので温度管理、冷却方法等の注意が必要です。

 

用途としては事務機、電気、機械などの構造部品やバネ、座金、クラッチ部品、トムソン刃、ベアリング部品などに使われています。 

 

 

 

 



ステンレス303,10φ/通信機器部品

■材質:ステンレス303 10φ

■用途:通信機器部品

■特徴:全体に小径ネジの加工を施しDカット複合形状を施す



ステンレス316,20φ/アメリカ向半導体機器部品

■材質:ステンレス316 20φ

■用途:アメリカ向半導体機器部品

■特徴:外周に楕円溝を施し、溝や穴の形状に加工する。